みたいものをみる

a0329935_19051556.jpeg


この冬2度目のマイナス10度をこえた朝に、また見ることができた姿に、幸せを感じる。


蝦夷地に間借りし、はじめての冬に見てからというもの、この姿が大好きになってしまった。春、雪どけがすすみ、ロゼットのかたちで越冬した姿が出てくるとワクワクしてしてしまう。葉っぱもいとおしい*An’s Flowerは、1年を通してうちの庭にはかかせない。


a0329935_18585806.jpeg


人間には「食べられない人参」でも、アゲハの幼虫には好物でありだいじな食べ物だ。それだけで十分だろう。そもそも地球上に生えている植物の8割は食べることはできないし、まだ発見されていない植物だってある。それでいいと、なぜ思うことができないんだろう。もう余計なことはしなくてもいい。すでに奪い、壊し、殺してきたのだから。いつまで「奪う・壊す・殺す」をつづけるのか。

私は、見たいものを見る。しかしただ見たというだけで、何も感じない、すぐに忘れるその場しのぎの、なんの積みかさねもできないまま生きている愚かな人間にはなりたくない。


*An’s Flower は、うちだけの名前である。





[PR]
# by iroha8788 | 2018-12-13 19:19 | おはようの時間