散ったばかりの



a0329935_19090393.jpeg



カカヤンバラの散ったばかりの花びらの一枚さえも、いとおしい。


たくさんの蕾をあげ開花が進み、短い夏を感じとったカカヤンバラの「節」がはじまる。
気温がいちばん高くなるころ、花に鼻をつけると*濃厚な甘い香りがたまらない。
赤いバラの花よりも情熱を感じるカカヤンバラが放つ香りは、勘違いをしていない生きものだからこその感情かもしれない。
香りは感情でもあるとつくづく思う。

動植物たちの、何ひとつ無駄がない生き方を知るたびに、幸せを感じる。
そして、決して裏切らない。
裏切るという言葉すら動植物たちには存在しない。



a0329935_19062798.jpeg


おん。


*フレッシュフルーツミックスジュースとエッセンシャルオイルのイランイランをたした香り。






名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by iroha8788 | 2018-07-26 07:26 | 原種・原種系のバラ・オールドローズ | Comments(0)

動植物たちとの日々


by 葉花
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31