パンクチュラータと茜の塔

a0329935_13473785.jpeg

空知川からのぼってくる濃い霧が一度ならず二度押し寄せては消えて日が差しはじめたころ「パンクチュラータ」の花がひらいた。

蕾があがってから二週間、待ちに待った最初の一輪だが、ちっさっ…本気の小ささだ。株の大きさ、葉っぱや蕾の大きさからしてわかっていたにしても小さすぎてカメラのピントがなかなか合わない。その大きさは米粒ほどだが蕾も同じでひらいた花は予想どおり「なんて可愛い子なのよ!」と言いながら花に鼻をくっつける。香りはしない。匂わない。まだ香りを漂わせる時間じゃないのか。あがっている蕾がすべてひらかないとわからないくらいの微香なんだろうか。同じクラッスラ属の「茜の塔」のように夜になってからにおいはじめるんだろうか。


a0329935_15014162.jpeg


あぁ…「茜の塔」には参った。においに敏感な私が、夜中に「納豆くさっ!」と目が覚めてしまうほどだった。そしてその疑惑を熟睡している主人を叩き起こし「納豆食べたでしょ」となげつける不手際をおこし「夜中に納豆を食うかよ…」と呆れられた挙句にあやまる羽目になってしまった(主人は夜中にこっそり冷蔵庫をあけてチョコレートを食べているのを知っている。匂いでわかる)。納豆のにおいの元をたどると「茜の塔」だった。内地ならばまだ屋外で過ごせるが、気温差が激しすぎたためすでに室内においてあることで室内に充満した納豆のにおいだった。納豆のにおいは納豆だから納得できることであるからして頼むから堪忍してほしい。私が目当てではないとわかっていてもだ。

おん。

パンクチュラータの香りについては、後日ここに追記しよう。

1日1輪ずつひらいていく花だが、まだ香らない。匂いがしない。小さなオカリナのような葉っぱに気孔の穴が空いていることからついた名前「パンクチュラータ」の開花3日目の朝だ。
その後も、パンクチュラータの花の香りは確認できない。




[PR]
by iroha8788 | 2018-09-27 07:29 | おはようの時間